【緊急取調室】あらすじ全部【第3話】仙道敦子・永岡佑・筧美和子・天海祐希・田中哲司

第3話「私が騙しました」2019年4月25日(木)放送分

あらすじ

「5億稼ぐ女」と呼ばれていたカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子)は自宅マンションで、ロフトから落ちてきたアタッシュケースが頭部に当たり、死亡。
マンションの隣の部屋の住人で、第一発見者である平井かすみ(仙道敦子)が「詐欺容疑」で逮捕される。平井は宝城に、仮想通貨専用の口座を開設させ売買を行っていた。「これは取引所をだました詐欺行為です」(なんだそうです。へー)
「5億稼ぐ女」と呼ばれていたカリスマトレーダーとは、宝城ではなく、平井かすみ。別件逮捕しておいて、宝城殺しを自白させようというのが、磐城刑事部長(大倉孝二)の魂胆。

第一回目の取り調べは、小石川(小日向文世)・菱本(でんでん)。(冷静と情熱コンビですね)
「本を出したかった、メディア受けを考え、若くて美人で高学歴にしようと。宝城は部屋が隣で、立ち話する間柄だった。宝城の口座で取引することが詐欺に当たるとは知らなかった」と話す平井。

また、平井の死んだ夫の娘が、「あの女に遺言状を書かされたあと父は殺された」と話していたが、手に入れた遺産は500万円。「後妻業」と言うには額が小さく、死因は病死、遺言状も有効のものだった。

第二回目の取り調べは、小石川と真壁(天海祐希)。
夫のことや、デイトレーダーになったきっかけ等を聴取する。筋は通ってはいるものの、元手500万円を5億円まで稼げるようには見えない。

次に浮上したのが、宝城の詐欺容疑。「私にお金を預けてくれれば月10%の配当金で必ず儲けさせてあげる」と言われ、3000万円を預けたが詐欺ではないか、という高齢者が出てきた。他にも同様の一人暮らしの男性高齢者が、複数人、被害総額は約1億円になる。

この取分をめぐり宝城と平井はトラブルになったと目論んだが、これも違う様子。この聴取をきっかけに黙秘に転じたが、平井が反応したキーワードが「母親」だった。

真壁は平井の母のいる、老人ホームに出向く。2年前の入居時から認知症であり、その後かなり進んでいるが「お金は怖い」が口癖だ、平井の父親は借金苦から自殺し、母親はそれで苦労したとスタッフが話す。

最後の取り調べは、真壁と玉垣(塚地武雅)。
「借金で苦労しても病弱だった母親を支えた。平井にとってお金よりも大事なものは母親だろう」と、母親を取調室に連れてくる。しかし「頑固でわがまま、精神的にも経済的にも依存してくる、母親が昔から嫌いだった」と語る平井。

作戦は失敗したかに見えた。真壁に代わり、小石川と玉垣が取調室に。
「宝城殺害時、 宝城は犯人の手をつかんだ。犯人はキッチンで手を洗った。最近の科学捜査は進んでいて、いくら水で洗っても一度付着した血は鑑定できる。例えば指輪についた血とか」平井は自身の指輪を気にするそぶり。

ただ本当に反応したのは、平井の母親に付き添っていたホームのスタッフ・門倉(永岡佑)だった。取調室の控室でモニターを見ていて、自分の指輪を外し、上着のポケットに隠したのだ。

老人ホームの見学者のアンケート用紙が紛失していたこと、宝城の総額1億円詐欺事件の被害者が、全員見学に訪れていたこと。
そして、真壁が老人ホーム訪問時、門倉は「(母親は平井が)デイトレーダーとは知らないはず」と話していたが、母親入居時の書類には「自営業」と書かれ、他のスタッフも知らなかった。
このことから、老人ホーム内に関係者がいると警察は調査していた。

【真相はここ】
宝城に「セミナーの案内状を送りたい」と言われ、門倉はアンケート用紙200人分と引き換えに20万円を受け取っていた。
老人ホーム内で問題となり、 宝城の部屋に出向いた門倉は 「20万円は返すから アンケート用紙を返してほしい」ともめた。宝城が電話に出た隙を見て、 門倉はロフトに上がり、アタッシュケースの大金を見つける。

「大金を目にしたら真面目に働くのが馬鹿らしくなった」と門倉。 宝城を殺害し、カネを持ち帰った。門倉の自宅には5000万円あった。

残りの5000万円は。
宝城理沙をあやつって、詐欺を行わせたのは平井だった。平井が指輪を気にやったのは、スマートリング。かざすと開錠する最新設備のトランクルームだろうと真壁が言うと、「デイトレの自分の勝率は8割だけど、今日は負けね」と平井は罪を認める。

平井も詐欺罪で再逮捕。
平井の「金より大事なもの」は母親ではなく、デイトレで得られるスリルと興奮。勝った時に味わう恍惚感だった。
「みんな、ころっと騙されちゃうんだもん。”5億稼ぐ女” は私なのに!あなたたち(警察)だって理沙さんのこと、私が殺したと思ったから、ここに呼んだのよね!?」と高笑いする平井かすみ。

殺人としては

被害者:宝城理沙(筧美和子)
容疑者:平井かすみ(仙道敦子)
真犯人:門倉俊也(永岡佑)

ということでした。ラベル「大事なもの」

(完)
 

まとめ

監物(鈴木浩介)が臨場すると、毎度「オエッ」と嘔吐く(えずく)んですが、今回は「オレ、向いてねえのかな」とつぶやき、 渡辺(速水もこみち)に「まあ……」と失笑されてましたね。

キントリの円陣で、今まで「なんなんですか、これー」と言っていた玉垣(塚地武雅)が今回は「じゃあいつものいきますか!」と率先して手を差し出していました。キントリに馴染んできたことの現れでしょうか。

真犯人だった、門倉こと永岡佑(ナガオカ・タスク)さんは、梶山管理官こと田中哲司さんと同じ事務所「鈍牛倶楽部」所属です。
ここの役者さんは、メイン張る人もヒトクセあるし、永岡さんのように刑事ドラマや医療ドラマのゲスト出演でもキラリと光る役者さんも多いので注目です。

ぜんぜん関係ないんだけど。
鈴木浩介さんの奥さんって、大塚ちひろさんなのね。
……とコンスタンツェを思い出したところで、おわり。みもみもでした。

One thought on “【緊急取調室】あらすじ全部【第3話】仙道敦子・永岡佑・筧美和子・天海祐希・田中哲司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です